Nori logと広告について 詳細はコチラ

プライミング効果|私たちの行動は、意思ではなく影響によるものだった!?無意識な選択の謎について解説。

当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。
  • URLをコピーしました!

プライミング効果とは、先に得ていた情報が、その後の行動に影響するという心理効果。

本記事では、そんな普段の何気ない行動に影響をもたらす心理の、意味や具体例、種類について分かりやすく解説していきます。

 

Contents

プライミング効果とは

プライミング効果とは、「プライマー(先行刺激=先に受ける刺激)」によって「ターゲット(後続刺激=後に受ける刺激)」が制御、もしくは促進されるという心理現象事前に受けた情報(刺激・影響)が、その後の無意識な言動に反映される心理現象という意味です。

例:物を購入するとき、以前からCMなどで見て知っていたものを選びやすくなること。また10回クイズゲームのように、先に10回発言した情報と関連する間違いをおかしてしまうことです。このように人は、先に得ていた情報から、無意識にその後の行動や選択をしてしまいます。

プライミング効果は、広告やマーケティングなどの行動経済学で使われる心理用語の1つで、英単語の「prime(事前に教える)」が由来となっています。

 

プライミング効果の具体例

プライミング効果は、日常的に様々なところで起きていますが、無意識に働く心理なため「実際に起きていても気づかない」という特徴があります。

ここでは、実際にどのような場面で働いているのかについて、よくある例を見ていきましょう。

10回クイズゲーム

Aさん「みりんって10回いって?」
Bさん「みりん、みりん、みりん・・・」

Aさん「じゃ、鼻の長いどうぶつは?」
Bさん「キリン!」

Aさん「ブブー、正解はゾウでした!」

単語からの連想イメージ

「笑顔」「明るい」「楽しい」

上記の単語から「可愛らしい女性」をイメージした人は多いでしょう。これには、過去にこのような特徴に似た女性に会ったり、話した経験という得ていた情報があるから(プライミング効果)だと考えられています。

 

 

 

プライミング効果の種類

  1. 直接プライミング
  2. 間接プライミング

プライミング効果には、大きく分けて「直接プライミング」と「間接プライミング」の2つがあります。

また「直接プライミング」には、「知覚的プライミング」と「概念的プライミング」というものもあるので、この2つについてもみていきましょう。

 

直接プライミング

直接プライミング効果とは、先に得た情報(刺激・影響)に対して、その後の言動に直接的な意味の影響を受ける心理効果(※別名:反復プライミングとも呼ばれます)

例えば、事前にCMで見聞きしていたものが選択肢となって選ばれたり、お昼に「カツ丼が食べたい」と思う場合は「事前にカツ丼の匂いを街中で嗅いでいた」なんてことがあります。

そして、このような無意識の行動(影響)に対して、直接的な意味(CMで見たもの・匂いを嗅いだ食べ物)が反映される場合、直接プライミングというわけです。

まとめ

直接プライミングとは、事前情報(広告など)に対して、そのまま(直接的な意味)の影響を受けること。

 

知覚的プライミング

知覚的プライミングとは、受けた刺激を感覚的に捉えて、影響(反映)されることです。

例えば、テレビなどのメディアでは、コンプライアンス的にアウトな文字の間に「◯」を付けることで、多くの人が悟れるようにしますよね。そして、これを多くの人が悟れるのは、感覚的(知覚的)に文字を捉えて、影響(こうだと思う=プライミング)されてるからです。

まとめ

知覚的プライミングとは、見たことあるような文字や物から、それと当てはめることができる=見た記憶のまま影響されること。

概念的プライミング

概念的プライミングとは、受けた刺激の意味的に捉え、同じ意味に影響(反映)されることです。

例えば「黄色と言えば?」と聞かれると、同じ色や意味を持つものを連想し、「レモン」や「ひまわり」などと答えやすくなります。またこれには、得た情報から「同じような意味を持つもの」として捉え、影響(レモンやひまわりが思いつく)されるからです。

まとめ

概念的プライミングとは、見たり聞いたりする情報を意味(概念)で捉えて、その意味と関連するものとして影響されること。

 

 

間接プライミング効果

間接プライミング効果とは、先に得た情報(刺激・影響)に対して、その後の言動に間接的な意味の影響を受ける心理効果

例えば「フェラーリのエンブレム」を見た後に「真っ赤な車」をイメージしたり、「iPhone」を見せた後に「果物って言えば?」と質問すると「りんご!」と連想してしまうことがあります。

そして、このような無意識の行動(影響)に対して、間接的な意味(得ていた情報とは異なるもの)が反映されることを間接プライミングといいます。

まとめ

間接プライミングとは、先に得た情報とは異なる(間接的な意味の)影響を受けること。

概念的プライミングとの違い

概念的プライミングの場合、得ていた情報から同類の概念をもつ影響を受けます。

また間接プライミングの場合は、得ていた情報から異なる概念の影響も受けます。

そのため、概念的プライミングは概念が一致する影響を受け、間接プライミングは概念が異なる影響も受けるという特徴・違いがあります。

 

 

 

まとめ

プライミング効果とは、先に得ていた情報によって、その後の言動(影響)に反映されるという心理現象

またプライミング効果には、直接プライミング(知覚的・概念的)・間接プライミングが存在し、それぞれ影響のされ方が異なるというものでした。

のり

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

本記事が、読者さんのお役に立てると幸いです。

Contents