Nori logと広告について 詳細はコチラ

哲学とは何か?|意味や種類について、1分でわかりやすく解説。

当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。
  • URLをコピーしました!

哲学は、シンプルでありながら深く、とても面白い学問です。

本記事では、そんな哲学の意味や種類について分かりやすく解説してきます。

また、オススメ本のご紹介もありますので、是非とも最後までご覧ください。

 

Contents

哲学とは

哲学とは、物事の真理や根源、本質を「追求・研究」する学問です。要するに、物事の真実を明確にしようとしたり、その本質を導き出すために思考・研究する学問となります。とはいえ、哲学にはハッキリとした定義もなく、人によって認識は異なります。

例えば、一般的な多くの認識としては「物事の本質・真理を見極める行為・探し求めることが主である(上記のもの)」とされており、「善悪とは何か?(良い・悪いとは何か?)」などについて考えられます。

また哲学は、上記で述べた通り「真理・真実・本質」について問い、探究していく学問です。そのため、全ての学問の始まりとも考えられる、または「事実そうである」と思われている方も存在します。ですから、多くの人は「不況に陥ると哲学を学び始める」と言われることもあります。

そんな哲学ですが、他にも概念の一部として「フィロソフィー(Philosophy)」や「メタフィジックス(Metaphysics)」という意味も存在しており、これらの意味として捉えられることや、そういう人もいます。そのため下記からは、この2つについて解説していきます。

 

フィロソフィー(Philosophy)

フィロソフィー(Philosophy)とは、一言で「知を愛する」という意味を表しており、これは知識・知恵・思考を「好む・愛する」といったことなどに該当します。例えば、考えることや知識を好み、愛するという意味に対して「フィロソフィー」が用いられます。

このように、知識や知恵を好んで「考えることを愛する」という意味に、フィロソフィーという概念が当てはまります。

 

メタフィジックス(Metaphysics)

メタフィジックス(Metaphysics)とは、一言で「気づきを得る」という意味を表しており、考えることで「新たな法則や原理、本質や価値観に気づきを得るとき」などに該当します。例えば、考え事をしていると「ハッと、持っている知識や経験・情報から新たな発見や解決策など、なんらかの気づきを得たことがある」という経験はあるででしょう。

このように、思考していくなかで「何かに気づきを得たとき」などに、メタフィジックスという概念があてはまるわけです。

 

 

 

哲学を学びたい方にオススメの書籍

ここでは、哲学を学びたい「初心者・入門者」へオススメの書籍を紹介します。

 

1. 史上最強の哲学入門

前提知識がなくとも理解できるため、「初心者・入門者」に最もオススメする書籍です。

 

2. 図解・標準・哲学史

上記の書籍のように理解しやすいため、「初心者・入門者」にオススメする書籍です。また、この書籍は図解などで解説しているため、文章を「読みたく無い」「苦手」という人に向いています。

 

3. 教養として学んでおきたい哲学史

前提知識があり「その上で思考を深めたい」、そんな方にオススメの書籍です。

 

 

 

まとめ

哲学がどんなものか、そして「学びたい」という意欲も湧いてきたのではないでしょうか。本記事をきっかけに、哲学に興味を持ってもらえたり、学ぶきっかけになれると幸いです。

のり

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

本記事が、読者さんのお役に立てると幸いです。

Contents