Nori logと広告について 詳細はコチラ

ダニング=クルーガー効果|無能な人ほど〇〇を持つ?意味や原因、対策法とメリット・デメリットを解説。

当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。
  • URLをコピーしました!

ダニング=クルーガー効果とは、無能な人ほど、自分の能力に自信をもつ心理傾向です。

この心理が生じることで、メリットに働く場合もある反面、デメリットになることも少なくありません。

そのため、本記事では「ダニング=クルーガー効果」とうまく付き合っていくために、意味や原因、対策法とメリット・デメリットについて解説していきます。

 

Contents

ダニング=クルーガー効果とは

ダニング=クルーガー効果とは、知識や能力が劣る人ほど、自身を過大に評価してしまう心理現象です。

免許を取り立ての初心者は「自分の運転は、他者より上手い」と実際の実力より大見積もってしまったり、または本気でそう思い込むことなどに該当します。このように、無能な人ほど、実際の能力より大きく評価してしまう心理を「ダニング=クルーガー効果」といいます。

ダニング=クルーガー効果とは、1999年にアメリカの社会心理学者でありコーネル大学・ミシガン大学の教授を務めたデヴィット・ダニング(David Alan Dunning)氏と、同じくアメリカの社会心理学者でありニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスの教授を務めたジャステン・クルーガー(Justin S. Kruger)氏が提唱した、別名「優劣の錯覚」とも呼ばれる認知バイアスの一種です。

 

 

 

ダニング=クルーガー効果が生じる原因とメカニズムは?

  1. 防衛本能
  2. 人類の歴史の過程
  3. 能力を認識できない

ダニング=クルーガー効果が起きる原因とメカニズムは様々ですが、主に上記の3つだと考えられています。ここでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. 防衛本能

人間は、心の平穏や自尊心を保つための防衛本能として「自身を過大に評価する習性」を持っています。そのため、能力や知識が劣る人ほど、自分に自信を持つ傾向があるのです。

人の進化の過程で「能力が低いことがバレること」「自尊心を保てないこと」などは、生きる上で致命的だったと考えられています。ですから、遺伝子にこのような防衛本能が備わっているというわけです。

 

2. 人類の歴史の過程

人類は、旧石器時代から何百万年もの長い間、数百人程度の小さな組織のなかで暮らしていたと言われています。また、その中で地位をめぐり争うことは、日常的に起こるわけです。そして、能力のある者だけが高い地位に立つことは必然であり、能力のない者が淘汰されていくのも必然となります。

そのため、「自身の能力が低い」という事を他者に知られるのは致命的になるので、無意識な思い込みとして「自身の能力を過大評価する癖」というものが身についたと考えられるわけです。

 

3. 能力を認識できない

2つめの原因・メカニズムは、能力の低い人ほど、他者との比較や自分自身の評価ができない、または情報が足りないということが考えられます。具体的には、下記3つのいずれかに該当します。

  1. 他者の能力の高さを正確に推定できない
  2. 自身の能力の不十分さの程度を認識できない
  3. 自身の能力が不足していることを認識できない

引用:Wikipedia

例えば子供は、情報や知識量が大人と比べて低いことは明白ですよね。そのため「見ている世界や考えることのできる範囲が、大人と比べて狭い可能性が高い」と言えるでしょう。

これと同じように、知識や経験、他者の実力といった情報が足りていないことが原因となって、ダニング=クルーガー効果に陥るわけです。

 

 

 

ダニング=クルーガー効果のメリット・デメリット

ダニングクルーガー効果が生じることで、デメリットになる時もあれば、メリットになる場合もあります。ここでは、それぞれどのようなことが「メリット・デメリット」になるのかを見ていきましょう。 

 

ダニング=クルーガー効果のメリット

ダニング=クルーガー効果のメリットは、あらゆる物事において、自信をもって取り組むことができることです。

物事に自信をもって取り組むことは、良い成果、実力の発揮、実力以上の成果などが期待できます。

そのため、ダニング=クルーガー効果が生じることで、悪いことばかりだけではなく、良い方向へ動くこともあるので、あえて利用する選択肢もありでしょう。

 

ダニング=クルーガー効果のデメリット

ダニング=クルーガー効果のデメリットは、成長速度の減少、またはストップする可能性が考えられることです。

なぜなら、はじめは過剰な自信があっても、のちのち「井の中の蛙」であったことに気づき、気分が下がったり、諦めのキッカケとなることがあります。

そのため、物事をはじめたは良いが「やめてしまった」などといったことに繋がるため、ダニング=クルーガー効果が生じるデメリットと言えるでしょう。

 

 

 

ダニング=クルーガー効果の対策方法は?

  1. 原因の追求
  2. メタ認知を持つ
  3. 他者との交流、意見を聞く

ダニング=クルーガー効果の対策方法として、上記3つが効果的です。

1. 原因の追求

ダニング=クルーガー効果は、自身に情報が足りてないがゆえに起こりうる心理現象です。

そのため、物事の原因を探求していくことで「なぜ、この結果になったのか?」が明白になり、このような情報を多く取り入れることで、「無知の知」を知ることができます。

すると、自信過剰であったことや、自分がどの位置にいるのかを理解でき、ダニング=クルーガー効果の対策や抜け出すきっかけとなります。

 

2. メタ認知を持つ

メタ認知とは、自分を客観視することや、他者目線で見ることができる能力のことです。

また、メタ認知を持つことで、自分と他者を客観的に見比べることが可能利なります。

そのため、メタ認知を持つことで、ダニング=クルーガー効果の対策となるわけです。

 

3. 他者との交流、意見を聞く

最初にも述べたとおり、ダニング=クルーガー効果は、情報が足りてないがゆえに起こりうる心理現象です。

そのため、他者との交流を深め、意見や情報を集めることで、自身を正しく評価することが可能になります。

その結果、ダニング=クルーが効果の対策になったり、抜け出すきっかけになりうるのです。

 

 

 

まとめ

ダニング=クルーガー効果とは、無能な人ほど、自分の能力に自信をもつ心理傾向です。

のり

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

本記事が、読者さんのお役に立てると幸いです。

Contents